芸術から学ぶ変革型リーダーシップ

指揮者は知っている!最高のパフォーマンスを発揮させ、感動を与えるリーダーシップ。オーケストラの指揮者としてアメリカで活躍した講師が、感動のプロセスづくりとリーダーシップの発揮の仕方を教える

研修のねらい・特⾊・概要

私はアメリカで、80 人の団員の指揮者となりましたが、就任当初は若さもあって、指示を出してもそれが伝わらなかったり、無視されたり、ストレスの連続で辞めることばかり考えていました。
しかし、ある人のアドバイスにより、アメリカ人は感情の生きものであり、「いい悪い」「損得」よりも「好き嫌い」で動くと納得してから、感動させることを念頭に行動するようになってから今まで動かなかった大きなタイヤが少しずつ前に進み始めました。 以来、配置換えや指導もスムーズでさらに対人関係調整能力に興味を持ち、コロンビア大学の博士課程で理論を学びました。指揮者はただ棒をぼーっと振っているだけではありません。
80人近いオーケストラのメンバーの個性を生かし、チームワークを高め、一人一人のプレーヤーが最高の 100%の演奏ができる環境を創り出すリーダーです。 そうすることにより、素晴らしい芸術的演奏が生まれてきます。 ビジネス、その他のリーダーシップも同じです。 リーダーは一緒に働くものが 100%の力を発揮できる環境作りを第一とし、みんなをまとめ、1 つの最高の結果を生み出すものです。 リーダーは芸術家です。
このセミナーでは以下のゴールを明るく、楽しく、元気よく学んでいただきながら、受講者を以下のセミナーゴールに導き、変革型リーダーに変身させます。

(対象)ご受講いただきたい方

・パワハラの定義を学び、その対処法を学びたい
・部下指導(特に注意)を具体的にどのようにしたら良いかわからない方
・つい感情的になって、同僚、部下、上司に“怒り”を衝動的にぶつけ後味の悪い思いをして悩んでいる方
・攻撃的な相手に上手く対処(コントロール)できないで悩んでいる方

ゴール

1. 芸術家が感動を創造するプロセスを理解し、感動を与えるテクニックを習得する
2. 部下に感動を与え、あるべき姿にまい進するスキルを習得する
3. プロジェクトのプロデューサーとなりまとめ、演出する方法

参加者コメント

・TEDでのプレゼンターと同等以上のプレゼンぶりが凄かったです。私は参加者として間近で体験できた感じがしました。
・ドクターケン先生のオリジナルな教えが五感に響くセミナーでした。
・受講生ファーストのスタイルを取りながらも、ほんのり“ファシリテーション”の要素がさりげなく入っている。そこに“気づき”と“個々の成長”がある。 まさに、現在のニーズに会った研修。
・非常に存在感がありました。声が良く通り抑場があり、話し方に引き込まれました。

プログラム

1⽇⽬(9:00〜17:00)
1. どう変われるか、変わっていけるか?
1)部下が主体性を持って動いていますか?
2)メンバー同士がお互いに尊重し合っていますか?
3)メンバーが助け合ってチームワークがいいですか?
4)学習し成長する風土がありますか?
5)エキサイティングしたり、感動することがありますか?
2. 会社を劇的に変革したいリーダーは芸術から学べ!
1)なぜリーダーシップ理論を学んでもリーダーが育たないのか?
2)人は感情的な動物である
3)芸術は人に感動を与える力を持っている
4)芸術はとても身近なものである
5)感動が部下を変え、会社を変える
3. あなたは指揮者!リーダーシップのタクトを持ってみよう!
1)指揮者の役割とビジネスリーダーとの関係
2)9人から自己開示を引き出す力が全てを変える
3)見せる力、伝える力、聴く力をマスターしろ!
4. 感動を与えるためのトライアングル:
リーダーはプロデューサーたれ!
1)顧客は何を求めているのか?(AUDIENCE)
2)部下は何を求めているのか?(PLAYER)
3)会社は何を求めているのか?(BUSINESS)
4)最大限の芸術、感動を引き出すバランスの保ち方
5.部下を主役にして、感動を与え、会社を変えるリーダーの役割
1)説得はただ反発を招くだけ!
2)与えること、引き出すこと、そしてただ見ること
3)成功を人に与える心
4)一番働き、手本になるしぐさ
6.会社を変える感動ストーリーを演出するリーダーはあなただ!
1)人はストーリーに感動する
2)社員をヒーローにしてあなたは演出家に徹する!
3)一人でできないことをチームで実現するから感動が起きる
4)多様性の掛け算が限界や想像を超える
7.あなたがやらねば誰がやる!会社を変えるのはあなただ

講師 ドクターケン
期間 1⽇
定員 8〜24名